FC2ブログ

浦島太郎とオシーン

ケルト神話
11 /13 2018
あるテレビ番組で、おとぎ話や童話などは実際にあった話が語り継がれて形やストーリーなども少しづつ変わって現在に至っていると取り上げられていました。
日本のおとぎ話でも誰もが知っている「浦島太郎」の物語も実際の浦島子(うら しまこ)さんという男性の方のお話が日本書記に記されており、そこから少し変化が加わったそうです。

アイルランドには、ケルトの神話がありまして、その中に浦島太郎に似たお話があります。

フィアナ騎士団のフィンの息子オシーンは、常若の国(チル・ナ・ノグ)から愛を捧げるために長旅をしてきた王の娘ニヴァと恋に落ち、若さに溢れ、太陽の光が燦燦と降り注ぐ美しいチル・ナ・ノグに一緒についていくことになりました。
そこでは美味しい食事にお酒、毎晩繰り広げらる豪華な歌と踊りの宴会など、何日も楽しい日があっという間に過ぎました。3年が経ったころオシーンはふと友人や家族に会いたくなり、自分が住んでいた国に帰りたくなりました。
ニヴァは帰れるように白馬を用意しましたが一つだけお願いをオシーンにしたのです。
どうかこの白馬から降りて、大地に足をつけないようにしてください。もし、そうしたならば二度と私たちは会うことができないでしょう・・・と。

白馬に乗って戻ったオシーンを待っていたのは、誰も知っている人のいない、見たことのない風景でした。
近づいてきた人たちに話を聞いてみると、ずっとずっと昔に消えていなくなってしまったオシーンという騎士団の息子がいた。心配した王様や友人たちが探し続けたが、結局見つからなかったのだという。

悲しみにひしがれるオシーンは偶然、白馬から落下しその大地に足をつけてしまったのです。

すると、みるみる髪の毛は白髪になり、目も見えなくなり、やせ細った老人になってしまい白馬も二度と現れることはありませんでした・・・。

というものです。このお話にもいくつかパターンがあるようですが、浦島太郎のお話に良くにていますよね。
あるパターンでは、この話を実際に聖パトリックに自らしたというものもあるようです。


19905160_1336268179822468_2689404488782618455_n.jpg
※写真はイメージです。実際にオシーンが戻ってきた場所でも浦島子さんがいた場所でもありません(笑)


ケルトの神話・・・日本のおとぎ話・・・実におもしろい!!

他にもアイルランド情報を弊社ジャパン・アイルランド・トラベルFacebook Instagram Twitterでもお知らせしておりますので、是非是非のぞいてみてください!

*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*
ランキングに参加してみました。
皆様のクリック、励みになります。よろしくお願いいたします
にほんブログ村 旅行ブログ アイルランド旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外生活情報へ
にほんブログ村



ドラキュラ

アイルランド情報
11 /04 2018
ドラキュラは映画や舞台などでも多く知れ渡っているのでご存知だとは思いますが、ドラキュラの作者は誰かご存知ですか?

アイルランドはダブリン、トリニティ大学の卒業生でもありますブラム・ストーカーさん(1847-1912)が原作者です。

ダブリン・シティーセンターから少し離れたフェアビューというエリアに生誕地跡が今でも残っております。
作品の中で出てくるドラキュラ伯爵のモデルにもなったのが、15世紀ルーマニアのヴラド3世。
串刺し刑を行っていた残酷な君主では、ありましたが近年では祖国ルーマニアを守るために戦った英雄という見方も多くなっているそうです。
ドラキュラの居城としてイメージされているのがルーマニア南部にありますブラン城。
ただ、作者のブラムストーカーさんは一度もルーマニアには行ったことがないというのも興味深い逸話。

ハロウィンで盛り上がっていたこの時期、ブラムストーカーもしくはドラキュラ関連のイベントなども多く開催されていました。
生誕地跡の近くにはブラムストーカー・キャッスルというアトラクション会場があり、分かりやすく言うとお化け屋敷?なのですが、さすが本場といいいますか演出も非常に凝っていて、演者さん?も本当に怖くて・・・(笑)好きな方にはたまらないと思います。

DSC_3992.jpg

DSC_3993.jpg

DSC_3995.jpg

DSC_3997.jpg

DSC_4003.jpg


他にもアイルランド情報を弊社ジャパン・アイルランド・トラベルFacebook Instagram Twitterでもお知らせしておりますので、是非是非のぞいてみてください!

*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*
ランキングに参加してみました。
皆様のクリック、励みになります。よろしくお願いいたします
にほんブログ村 旅行ブログ アイルランド旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外生活情報へ
にほんブログ村





アイルランドのパブから 第6回ゲーギャンズ

お酒とパブ
10 /29 2018
あるアイリッシュのガイドさんが言っていました。
「アイルランドの街や村で大切なものは何かわかりますか?」

教会?

答えはパブ!!

西海岸のある村では村内に教会が1つ、パブが5軒。ある街では教会が2つにパブが24軒。
なるほどと感心してしまうのも無理はありません。

そんな各村や街に数多くあるパブ。ただ一口にパブと言ってもいろんなパブがあります。音楽が聴けるパブ、伝統的な雰囲気のパブ、料理のおいしいパブ、ギネスビールの美味しいパブ、ウィスキーの品揃えが充実しているパブなどなど。
じゃーどこのパブに行けばいいの?というお声に応えた新しい企画。「アイルランドのパブから」
お勧めのアイルランドのパブを紹介していきます!!

今回はアイルランドの第3の都市リムリックからバリーブニオン・ゴルフクラブへ向かう途中にあるGlinという村の「ゲーギャンズ(Geoghegan’s Magpie Bar B&B)」より


シャノン川に面した小さなこの街は、他にもパブやB&Bなども多く点在しフェリーで対岸に渡る港Tarbertもすぐ近く。
パブは暖炉もすごく似合う昔ながらの雰囲気で地元のみなさんが、集まる“アイリッシュ・パブ”
1916年イースター蜂起にも参加したEamonn de HOirさんのお家だそうです。
44174422_1831000750349206_5524139678590042112_n.jpg

44099741_1831000570349224_5162643847632650240_n.jpg


44083851_1831000207015927_6531463857741758464_n.jpg

44047470_1831000397015908_1598913124826611712_n.jpg

44041489_1831000517015896_3103497454889205760_n.jpg


朝出迎えてくれたのは、お店のマスコット犬??少しイタズラ好きのジョイ君。
少し目を離した隙にペットボトルを咥えて行って、遊んでいました(笑)
家族経営を昔から続けており、店内にも家族の写真などが並び、心も温まる素敵な場所でした。

ご主人のジェラードさん
お話好きなご主人は店内から店外までいろいろ教えてくれました。ありがとうございます!!
44052874_1831000853682529_1977192884817887232_n.jpg


スロンチャ!!(ゲーリック語で乾杯の意味)


ダブリンでのパブツアーはこちら


他にもアイルランド情報を弊社ジャパン・アイルランド・トラベルFacebook Instagram Twitterでもお知らせしておりますので、是非是非のぞいてみてください!

*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*
ランキングに参加してみました。
皆様のクリック、励みになります。よろしくお願いいたします
にほんブログ村 旅行ブログ アイルランド旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外生活情報へ
にほんブログ村



ジャパン・アイルランド・トラベル

アイルランドの首都・ダブリンに本社を置く旅行会社です。アイルランドから観光情報を発信中!