キルベッガン蒸留所

レンスター州
11 /20 2017
ゲーリック語でUisce Beatha(イシュケ・ヴァハ)は「生命の水」という意味。
6世紀に修道院で薬として製造され飲まれていました。イシュケ(水)が上手く発音されずに、ウィスキーの語源となっていきました。
19世紀には、ダブリンのみで37の蒸留所があるほど、ウィスキーのメッカでした。

ここウエストミース県に位置し、村を流れるブルゾナ川を利用したキルベッガンは、1757年に認可を受けたアイルランド最古のウィスキー蒸留所です。

23722440_1457540574361894_6262648929833047992_n.jpg


23754806_1457540637695221_7772580530354808049_n.jpg
旧・新蒸留所の見学ツアーに参加します。

23559813_1457541631028455_7229969327001473171_n.jpg
ガイドさんがキルベッガンの歴史やウィスキーの製造過程を丁寧に教えてくれます。昔使われていた蒸留器

23561570_1457540994361852_8979865633752980599_n.jpg
ブルゾナ川の流れを利用した水車。今は稼働していません。

23622470_1457541747695110_6084965645255449881_n.jpg
製粉された麦芽はお湯と一緒に混ぜられ、麦芽汁へと変わっていきます。

23561368_1457543211028297_7613495183296767745_n.jpg


23658521_1457543397694945_2271017325483331251_n.jpg
ツアーの最後には、お待ちかねの試飲コーナー。スペースも古きおしゃれに。

23659457_1457540774361874_5527533412601395163_n.jpg
キルベッガンの他にも、コネマラやタイコネルを販売


現在は一部、新しい蒸留所が工事中になっていますが、旧蒸留所ともツアーにて見学可能になっています。
歴史ある建物と、そこで作られ続けてきたウィスキー・・・まさに時間を楽しむ飲み物ウィスキーにふさわしい場所。
是非お勧めです!!

お問い合わせはこちらまで。


*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*
ランキングに参加してみました。
皆様のクリック、励みになります。よろしくお願いいたします
にほんブログ村 旅行ブログ アイルランド旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外生活情報へ
にほんブログ村







スポンサーサイト

ダロウのハイクロス

レンスター州
11 /11 2017
M6をキルベッガンで下り、タラモアに向かう途中のダロウという村は、7世紀に書かれた「ダロウの書」でも有名な場所です。
ケルズの書とも深い深い関わりのある聖コロンバがここに修道院を建てたのが556年。

その後、10世紀に作られた見事なハイクロスは現在、教会内に保存されています。

23319368_1447041135411838_8300299892143853044_n.jpg
教会内に移転されても存在感あるハイクロス

23434696_1447041625411789_2812611522725700824_n.jpg
教会の外観。主要道路からは離れたひっそりとした場所

23244109_1447037528745532_4704983939932630282_n.jpg
教会入り口からの一枚

23319292_1447041732078445_4152171084428582724_n.jpg
イエス・キリストが磔に処されている彫刻

23172791_1447038465412105_4570981737185003450_n.jpg

23172411_1447041695411782_2438246918816787149_n.jpg
教会内には十字の刻まれた石板も保管されています



23319407_1447041515411800_1589456778757508746_n.jpg
以前の教会敷地内にあった時の写真

23244389_1447041982078420_7219636133650567686_n.jpg
近くには井戸も(St.Colmcille’s Well)

23376544_1447042078745077_2096222615442250208_n.jpg
ひっそりとした教会のすぐ隣には牛たちが放牧

ハイクロスと教会と静寂。
アイルランドの歴史を感じる場所。
圧倒されて、感動して・・・

*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*
ランキングに参加してみました。
皆様のクリック、励みになります。よろしくお願いいたします
にほんブログ村 旅行ブログ アイルランド旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外生活情報へ
にほんブログ村







サイダー紹介~ブルマーズ~

アイルランドのお酒
11 /06 2017
アイルランドでは、ビールやウィスキーが人気がありますが、もう一つ忘れてはいけないのが、アップルサイダーです。これはジュースではなく、れっきとしたアルコールですのでご注意ください。

そして今回、紹介するのはBulmers(ブルマーズ)
アイリッシュ達にも大人気で、とくに若者や女性が多くパブで飲んでいるのを見かけます。
DSC_6889.jpg



他のビールなどと同様に1Pint(パイント)でもハーフパイントでも注文できますので、是非お試し下さい。
ほんのり甘くて飲みやすいですが、アルコール度数は4.5%とやや高め。
アイリッシュの若者たちは、瓶で注文し、氷をたくさんいれたパイントグラスに注いで冷やして飲むのも好んでいるようです(特に夏ですが)

私は、アイルランドに来た一年目、パブではギネスビールを毎回頼んでいましたが、2か月を過ぎた頃、ふと違うものも試してみようという気持ちになりました。そこで、自分の前の方が注文していたものを真似して注文してみました。飲んでみたところ・・・あれ?ジュース?お酒飲みたかったのに失敗した~というのが初めてのブルマーズでした。もちろんアルコールなのですが、それくらい飲みやすくて、炭酸も効いていて美味しかった。
次の日に友達にそのことを話すまで、気づきませんでした。


写真は、先日のパブツアーにて
ちょうどハロウィーンの日に開催したので私も少し仮装して参加しました。もちろん街にはもっと本格的に仮装した人たちも溢れていて、いつも以上に陽気なダブリン市内でした。
いつもこれでパブツアーしているわけではありませんので(笑)

関連ツアー:アイリッシュ・パブツアー

スロンチャ!!(ゲーリック語で乾杯の意味)

*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*
ランキングに参加してみました。
皆様のクリック、励みになります。よろしくお願いいたします
にほんブログ村 旅行ブログ アイルランド旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外生活情報へ
にほんブログ村

ジャパン・アイルランド・トラベル

アイルランドの首都・ダブリンに本社を置く旅行会社です。アイルランドから観光情報を発信中!