fc2ブログ

アイリッシュ通信☘

〜ダブリン在住スタッフよりお届けする、アイルランド旅行&生活情報〜
アイルランドのゴルフ おまけ 2021.08.27
アイルランドのゴルフ その③ 2021.08.26
アイルランドのゴルフ その② 2021.08.26
アイルランドのゴルフ 2021.08.26
ダブリンから日帰りで行ける場所⓺: Tayto Park 2021.08.03

アイルランド版、鳥人間コンテスト

アイルランド版 鳥人間コンテストとでも言うべき「Red Bull Flugtag Dún Laoghaire」が5月22日に開催されます。

およそ40の自家製飛行機・自称パイロット達が登場。
6メートルの滑走路を走り、人間の力だを使って走行させなければいけません。
飛行機の直径は最大10メートル重さは最大200kgまで。

日本では琵琶湖というイメージがあるのですが、アイルランドではダブリン南のダンデアリー(Dun Laoghire)港でアイリッシュ海に向かいます。
およそ4万人の人手が予定されているこのイベント、見学は無料です。

ダブリン市内からのアクセスは、コノリー駅から鉄道(DART)で約20分、Dun Laoghire駅下車です。

関連記事
スポンサーサイト



オバマ大統領、来週アイルランドへ

英エリザベス女王の次は、オバマ米大統領がアイルランドを訪問予定です。

時事通信によりますと、オバマ米大統領が来週からの欧州歴訪で、母方の祖先の出身地とされるアイルランドの寒村に来週23日に立ち寄る見通しとなり、村民たちは歓迎ムードに沸いています。街に星条旗がはためき、早くも待ちきれない様子です。

この村はオファリー州にある人口約300人のムイネガル(Moneygall)村。靴職人の家庭に育ったオバマ大統領の祖先は1850年、19歳の時に米ニューヨークに渡り、オハイオ州に移住したとされています。
オバマ大統領が村を訪問すれば、アイルランドの名物アイリッシュ・パブに入るのではと期待されています!

オバマ大統領のアイルランド滞在は5月23日から約24時間。
アイルランドには明日(20日)までエリザベス女王が滞在中で、オバマ大統領の訪問まで引き続き厳戒態勢が敷かれる予定です。

関連記事

UEFAヨーロッパリーグ

今週・来週のダブリンはとにかく忙しい!

英エリザベス女王は引き続きダブリンに滞在中。
そんな18日(水)、ダブリンのAVIVAスタジアムでUEFAヨーロッパリーグの決勝が行われました。

ポルト、ブラガのポルトガル勢の対決となったサッカーの欧州リーグ決勝。
ポルトが1-0で勝ち、優勝しました。

エリザベス女王訪問に伴う厳戒態勢の中、両ポルトガルのチームの対戦ということで街中ポルトガル系のサポーターで溢れ返っていました。
それにしてもポルトガルの人たちは陽気で、歌いながらスタジアムに向かい、ポルトの優勝後はこれまた歌いながらパブに向かっていた模様です。

警察(GARDA)もいつも以上に人を配置していますが、警備に大変な費用と労力がかかっています。

関連記事

ロンドン五輪聖火リレー、北アイルランドへも

ロイター通信によりますと、2012年ロンドン五輪の大会組織委員会は聖火リレーが来年5月19日に、大ブリテン島南西端にあるランズエンド岬から出発すると発表しました。

聖火はギリシャから同年の5月18日に到着。約8000人の走者によって、スコットランド、ウェールズ、北アイルランドを経由し、70日間を経て開会式の開かれる7月27日にロンドン東にある五輪スタジアムに到着するということです。

聖火はアイルランドにも来るかも!?と一部メディアが報じています。
歴史的に複雑な国関係なだけに実現するかどうかは不明です。


関連記事