リフィちゃん?!

ダブリン
05 /30 2011
ダブリンのリフィ川の橋のふもとで、たまにアザラシが休んでいることがあります。
二頭いることもあります。

大抵は一頭だけがいて、まるで日本のタマちゃんやナカちゃんのようにリフィ川に住んでいるようです。

ダブリンに住んでいる日本人の方に聞いてみたところ、愛称はやはり「リフィちゃん」になるのだろうか・・・と誰もが言っていました。
もし「リーちゃん」にした場合、コークにリー川というのがあるのでかぶってしまうのです。

リフィちゃん(仮)は、天気の良い日は特に気持ちよさそうに橋のふもとで休んでいます。
通勤途中の人も足を止めてアザラシのリフィちゃん(仮)を眺めていることもあり、ダブリンの人気者となりつつあるようです。

240164_10150187046506746_685351745_7356921_8074861_o_convert_20110530071926.jpg
スポンサーサイト

ブックメーカー

アイルランド情報
05 /30 2011
アイルランドには賭け屋さんが町のあちこちにあり、競馬、ドッグレース、スポーツ、その他いろんな賭け事が行われています。
ブックメーカー(ブッキー)と呼ばれる賭け屋さんは町を歩いていると至る所で見かけます。

またビンゴもあり、日本のゲームで使われるビンゴに近く数字で遊ぶものがあります。
ビンゴもお金をかけたものです。

その他ほぼ毎日のように抽選のある宝くじ(ロト6やミニロトみたいなもの)もあります。
宝くじはコンビニなどで手軽に買うことができ、当選金額は数百万ユーロ(日本円で億単位!)に上ります。
旅行中に購入するとミリオネアになれるかも!?

とにかくアイルランドでは何でも賭けの対象になるようです。

先週、アメリカのオバマ大統領がアイルランドを訪れ大変盛り上がりました。
アイルランドを代表するブックメーカーのPaddy Powerは、一時的に「O'Bama Power」と名を変えていました。

世界的にアイルランド人のことを指して「Paddy」と言われます。
アイルランドにキリスト教を広めた聖人パトリックの愛称から派生しています。
また、「O'Connell」や「O'Hara」などO'~というのはアイルランドの典型的な苗字です。
ちょうどオバマ大統領の苗字がOから始まっているのでモジってのでしょう。

Paddy Power

アイスランド火山噴火の影響

アイルランド情報
05 /25 2011
アイスランドの火山噴火により、スコットランドやイングランドの北部、北アイルランドのデリー(ロンドンデリー)の空港発着便に影響が出ています。
現在のところ、アイルランド共和国の空港では上記空港発・行きを除いて通常通りの運行です。

アイルランドの政府航空機関が最新情報を公開しています(英語)
http://www.iaa.ie/index.jsp?p=93&n=96&a=1070

また近々アイルランドの空港を利用予定のお客様は、ご利用の航空会社にお問い合わせください。


オバマ米大統領来たる

アイルランド情報
05 /25 2011
昨日、アメリカのオバマ大統領がミシェル夫人とともにアイルランドを訪れました。

ダブリン空港に到着した後、ヘリコプターでアイルランド大統領公邸まで移動、メアリーマカリース大統領と会談、記念植樹をしました。
その後またヘリコプターでオファリー県(Co Offaly)のマニーゴール(Moneygall)村を訪れ、地元のパブでギネスビールを飲みました。
この村は、オバマ大統領の母方の祖先の出身地とされています。

その後ヘリコプターでダブリンに戻り(ヘリコプター数台はアメリカから持って来たそうです)、ダブリン市内で演説会を行いました。
トリニティーカレッジ前のCollege GreenからDame Streetにかけ、オバマ大統領を一目見ようと4万人以上の人が集まりました。

道を貸しきっての演説会、ダブリンで毎年行われるセントパトリックスデーパレード以上に人が集まったように思います。

当初は本日までアイルランドに滞在予定でしたがアイスランドの火山噴火の影響で、昨日中に次の外遊先・イギリスへと旅立って行かれました。

ダブリン市内ではアメリカの旗が売られたり、多くのパブでオバマ大統領歓迎のポスターが張り出されるなどアイルランドはかなりの歓迎ムードで熱狂しました。
厳重な警備が敷かれていましたが、今日から通常に戻りつつあります。


アイルランド版、鳥人間コンテスト

イベント情報
05 /20 2011
アイルランド版 鳥人間コンテストとでも言うべき「Red Bull Flugtag Dún Laoghaire」が5月22日に開催されます。

およそ40の自家製飛行機・自称パイロット達が登場。
6メートルの滑走路を走り、人間の力だを使って走行させなければいけません。
飛行機の直径は最大10メートル重さは最大200kgまで。

日本では琵琶湖というイメージがあるのですが、アイルランドではダブリン南のダンデアリー(Dun Laoghire)港でアイリッシュ海に向かいます。
およそ4万人の人手が予定されているこのイベント、見学は無料です。

ダブリン市内からのアクセスは、コノリー駅から鉄道(DART)で約20分、Dun Laoghire駅下車です。

ジャパン・アイルランド・トラベル

アイルランドの首都・ダブリンに本社を置く旅行会社です。アイルランドから観光情報を発信中!