夏のホームステイ

ホームステイ
06 /17 2008
海外でホームステイする時って家族の一員として迎えられるようなアットホームな体験ができれば嬉しいですよね。

でも、実際してみるとハズレって結構あるみたいです。

例えば、私の学生時代、アイルランドでのホームステイ先は

『同棲カップル』

いい人達だったんだけど、まだ英語がままならなくて外出するよりは家で勉強と思っていた私に、
「なんでそんなに早く帰ってくるの?」
といつも聞かれ、ちょっぴり疎外感を感じていた記憶があります。

そんなわけで、日本からはるばるアイルランドに来られる方々にとっておきの体験をしていただこうと、弊社で夏のホームステイプログラムを始めました。

『ダリーナさん家でホームステイ』

ダリーナさん&マサキさん
↑ダリーナさんとダンナさんのマサキさん

この『ダリーナさん』弊社のマネージャーなんですけれども、とっても親日家。
日本の大学で勉強していた事もあり日本語も上手です。

この、ホームステイ、最初は私も彼女の家族経営のホテル(以前はB&Bでした)を使うものかと思っていましたが、どうやら本当の彼女の実家に滞在という形。

ダリーナさんの家
↑ダリーナさんの実家

だから、滞在期間中の食事は、彼女のお母さまか彼女が作るという。

お昼のランチタイムに彼女お手製のランチを何度か食べる機会があったのですが、本当に美味しいです。

このパックにはホームステイ以外に、乗馬のレッスンや釣り、ピクニックなど選べるアクティビティ付。

もし、アットホームなホームステイを体験したいとお思いでしたら、ぜひオススメです。

ウェブサイト
『ダリーナさん家でホームステイ』
http://www.japanirelandtravel.jp/short-tours/at-home-with-darina

お問い合わせ

日本から: +353-1-6787008
アイルランドから:01-6787008
スポンサーサイト

ダブリン・スパイア

ダブリン
06 /12 2008
オコンネルストリートの真ん中にそびえるちょっと目立つ針のようなこのモニュメントはスパイア(Spire)。

スパイア


2003年にダブリンに登場した新しい建物で、イアン・リッチーによって建設され、直径3メートル、先端の直径は15㎝の円錐型、高さ120メートルと建設時ダブリンで一番高い建物です。

建設費用は400万ユーロ(2003年1ユーロ135円として5億4千万円)税金の無駄使いと批判されつつも、現在では定番の待ち合わせ場所として親しまれております。

もともとはこの場所にはネルソン提督の記念塔が建っていましたが、1966年IRAに爆撃され、スパイアはその代わりになるダブリンの象徴として建設されたそうです。

現在ではダブリンで一番高い建物ですが、建設中のU2タワー(高さ150mになるそうです)に、もうすぐその座を譲る事になるでしょう。

きっと、今後も高い建物建設合戦が続くのかな…。


ジャパン・アイルランド・トラベル

アイルランドの首都・ダブリンに本社を置く旅行会社です。アイルランドから観光情報を発信中!