FC2ブログ

オクトバーフェスト・ダブリン

イベント情報
10 /01 2018
今年もオクトバーフェスト・ダブリン2018がリフィー川沿いカスタム・キーのGeorge’s Dockで開催中。

42788010_1812290108886937_128413457656578048_n.jpg


お祭りやビール好きな方にはたまらないイベントがここでも行われています。
本場はもちろんドイツですが、日本でも開催されているイベントですし、折角ダブリンにいるならちょっと足を運んでみるのも良いと思います。


普段はギネスビール大好きな私も、今日ばかりはドイツのビールErdingerをいただきました。
素直に美味しかったです(笑)
多分、ただビールが好きなだけかも・・・

ドリンクだけではななく屋台で売られているソーセージやポークなどもたまらないですよね~
その場で焼いている煙と匂いと・・・。
42878926_1812289655553649_1592643945748234240_n.jpg

42842976_1812289785553636_2299177258625007616_n.jpg


42844663_1812290168886931_8217020702155341824_n.jpg


スイーツ系も
42958276_1812290062220275_7823468197373280256_n.jpg

ブログ書きながらまた行きたくなってきたのは言うまでもありません!!


開催期間は9月14日~10月6日まで。
あ~あと少しで終わってしまう(笑)

オクトーバーフェスト公式ホームページはこちらから
https://oktoberfest-dublin.de/



他にもアイルランド情報を弊社ジャパン・アイルランド・トラベルFacebook Instagram Twitterでもお知らせしておりますので、是非是非のぞいてみてください!

*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*
ランキングに参加してみました。
皆様のクリック、励みになります。よろしくお願いいたします
にほんブログ村 旅行ブログ アイルランド旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外生活情報へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

カルチャーナイト2018

イベント情報
09 /26 2018
今年で13回目を迎えるカルチャーナイト!!
アイルランド中で行われるこのイベントは文化・遺産や芸術をお祝いするエンターテイメントで夜遅くまでたくさんのプログラムが街中で開催されたり、普段は観光地として日中しかオープンしていない場所も無料で遅くまでオープンしているなんとも素晴らしいイベントです。

9月21日(金)の夜にダブリンの街に行ってきました。

やっぱりモリーマローンさんには挨拶しないと・・・
いつもたくさんの人で賑わっています。
42538005_1807919372657344_3302431505292197888_n.jpg


ダブリン城へ
42544780_1807924252656856_319285476487856128_n.jpg


演奏などは終わってしまっていましたが、夜にアパートステートメント内に入れるのは新鮮。
42520477_1807921425990472_6798330667131207680_n.jpg

42572511_1807918709324077_1024310379670405120_n.jpg

42622429_1807918485990766_3587219194573225984_n.jpg

ライトアップが綺麗なダブリン城42592021_1807918655990749_7965852719787278336_n.jpg

42622033_1807921175990497_6976072820614758400_n.jpg



市庁ホールでは演奏会が行われており、スコットランドの伝統のバグパイプの演奏が聴けました。
42628019_1807918935990721_2460345872047669248_n.jpg

42600304_1807920329323915_7986099101131341824_n.jpg



写真にはありませんが、トリニティ大学のケルズの書はさすがに長蛇の列ができていました。
夜のロングルームは最高の雰囲気で1年に1度体験できるチャンスなのです。

市庁ホール正面よりテンプルバー地区を望む
42660473_1807920179323930_8471600344550342656_n.jpg


それではまた来年!!

他にもアイルランド情報を弊社ジャパン・アイルランド・トラベルFacebook Instagram Twitterでもお知らせしておりますので、是非是非のぞいてみてください!

*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*
ランキングに参加してみました。
皆様のクリック、励みになります。よろしくお願いいたします
にほんブログ村 旅行ブログ アイルランド旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外生活情報へ
にほんブログ村


聖パトリックの日 2018

イベント情報
03 /19 2018

聖パトリックス・フェスティバルのパレードが盛大に開催された次の日。
アイルランドはまた雪に見舞われました。
前回の大雪まではいかないものの積雪になっており、フェスティバルの他のイベントやラグビー代表チームの優勝記念イベント(6か国対抗戦に優勝。昨日はアウェイのイングランドにて見事最終戦を勝利)もキャンセルに・・・。残念。

今年もアイルランド中が緑色に染まりました。

IMG-20180317-WA0003.jpg

_20180318_160124.jpg
クライストチャーチ大聖堂も

_20180318_162600.jpg
グラフトン通りのミッキーも


でも、パトリックス・デーのお祭りが始まったのは実はアイルランドではありません。


どこかわかりますか?

アイルランド通な方はもしかしたらピンときているかも。

パトリックスデーの儀式が最初に行われたのはアメリカはボストン、マサチューセッツで1737年のことでした。
その後、アイルランドで初めてパレードが行われたのは1903年にウォーターフォードの街ということです。

今では世界各地でフェスティバルが開催され、シカゴでは街を流れる川も緑色に染まるみたいです。
これは実際に見てみたい!!

日本でも各地で、イベントが開催され、弊社も東京・代々木公演にて開催されましたアイラブ・アイルランド2018にてブースを設置。
スタッフを始め、皆様の協力をいただきアイルランドの魅力を伝えさせていただきました。ご協力いただいた皆様本当にありがとうございました。
29313424_1874901329218289_4800323743299014661_n.jpg


また、ブースを訪問してくれた皆様もありがとうございました。
実際に弊社を通してアイルランド旅行をしていただいたお客さまも訪問してくれたということ。
アイルランドを通して、つながりの輪が広がっていく喜びを改めて感じました。

また、来年の聖パトリックス・デーがどんな日になるか今から楽しみです。
皆様のお越しをアイルランドでもお待ちしております。


準備から始まり、2日間ブースにて、アイルランドの魅力を伝えてくれました弊社アンドリュー(Andrew)おつかれさまでした!!
29343024_1873467589361663_3404060108781092672_n.jpg


アイラブ・アイルランド2018での活動なども弊社ジャパン・アイルランド・トラベルFacebook Instagram Twitterで掲載しておりますので、是非是非のぞいてみてください!

*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*
ランキングに参加してみました。
皆様のクリック、励みになります。よろしくお願いいたします
にほんブログ村 旅行ブログ アイルランド旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外生活情報へ
にほんブログ村






聖パトリックの日 その3

イベント情報
03 /13 2017
泣いても笑ってもいよいよ5日後になりました(笑)聖パトリックス・デイ・フェスティバル。
連続企画でお伝えしてきた今週は最終回。
「フェスティバル最新情報」です。

ダブリンの街も準備に大忙しで、各地が緑色に染まっています。
緑に染まるシリーズ

① 緑に染まるコノリー駅
IMG_20170310_230809.jpg

② 緑に染まるコンベンション・センター
DSC_5312.jpg

③ 緑に染まっていたアイルランド銀行(2014年撮影)今年はまだ??
DSC_0347.jpg


今回、フェスティバル記事担当の私が初めて体験したのは2014年のことです。
前日もお祭り気分で遅くまで友達と騒いでいたので、フェスティバル当日は、パレードの始まる1時間前くらいにシティーセンターへ行ったでしょうか。別の友達が場所取りをしていてくれたおかげで前の方で見ることができましたが、やっぱり早く行かないとダメですね。
この日に感じたことは、行進している人たち、誇らしげで楽しそうだな~。観ている人たちも緑色で溢れて一体感があって、お祭りの醍醐味ってやっぱりこの一体感だよな~というもの、そして、パレードが終わったあとの撤収の速さ(笑)
片付けと言いますか、テキパキと歩行者天国のフェンスも回収されて、街は元の状態に戻っていきます。見物客も、どこかへ?どんどんいなくなっていく・・・この引きの速さ??っていうのを何だかよく覚えています。

まあ、その理由は、その後にレストランやパブに行ってよ~~~~くわかりましたけどね(笑)
パレードが終わったら行くところ、言わなくてもわかりますよね(笑)

今年もガーダ(アイルランド警察)よりダブリンは約45万人の見物客が訪れる見込みとして、余裕を持っての来場や交通規制情報が出ております。

http://garda.ie/Documents/User/Full%20File.pdf


今年はどんな盛り上がりを見せるのか待ちきれないですね~

ちなみに2014年のパレードより

DSC_0362.jpg

DSC_0377_20170313080448fec.jpg

DSC_0353.jpg

DSC_0372.jpg


パレードする皆さんも要注目ですが、それを見物する皆さんのグッズも要注目です。
それぞれが緑色の何かを身に着けて過ごします。
お土産もの屋さんには、こんなものが飾られていました。いつかはこのスーツを着て、パレードを見守りたい・・・・いや、いつかはパレードに加わって歩いてみたい!!
その報告がこのブログでできたらなんて幸せでしょう(笑)
DSC_5330.jpg



人気グッズの紹介で~す。
DSC_5328.jpg
女性用のヘアバンド

DSC_5326.jpg
何といっても赤ひげつきのハット

♪知らぬ間に、増えていった荷物も、まだ何とか背負って行けるから~♪♪
と大好きな日本の歌手の歌を口ずさみながら写真をアップ。

年々少しづつ増えていくアイルランドグッズ。
グリーンのハットや緑色の大きな眼鏡。緑色のスポーツジャケット・・・などなど。
そして今年、私が購入したのは・・・

DSC_5332.jpg

これは、相当かっこいいです(笑)迷わずに購入決定。思わず2個買っちゃいました。


皆様、準備はできていますか?
もちろんダブリンだけでなく、アイルランドのコーク、ゴールウェイなどでもフェスティバルは開催されますし、日本の各地でも開催されます。機会があればダブリンだけでなく、来年以降、別の都市のフェスティバルも参加したいですね。

シャムロック・シェイクも忘れずに飲んでみよっと。
アイルランドより緑のMでした。







聖パトリックの日 その2

イベント情報
03 /06 2017
いよいよ来週に迫ってきた聖パトリックス・デイに向けて3週連続でお送りしている新企画。

第2回は、聖パトリック・デイ フェスティバル どうお祝いするの?

アイルランドに戻ってきて、布教活動をしていたパトリックはタラの丘でアイルランドの王の中の王、ハイ・キングと面会します。
一説によれば、二人は人智を超える壮絶な戦いを繰り広げたとか、話し合いをしたなどと言われていますが、兎にも角にもハイ・キングにキリスト教を説いたことによってアイルランド全土に布教することに成功しました。

DSC_4426.jpg

タラの丘の聖パトリック像

聖パトリックが、右手に持っているのは、シャムロックです。
よく三つ葉のクローバーと間違われてしまいます。それもそのはず、シャムロックはクローバー科の植物なので、全く違うものではありません。クローバーに比べると葉っぱがハートマークに近いのが見分けるときのヒントではないでしょうか。

ケルトの神話にもでてくる神聖な植物であるシャムロックを手に取り、パトリックは「これをよく見て下さい。3枚の葉のように見えますが、1つにつながっているでしょう。キリスト教の三位一体(父と子と精霊)トリニティもシャムロックと同じですよ。キリスト教もドルイド教も同じですよ。」と説いたそうです。

シャムロックはアイルランドの国の花でもあります。

アイルランドのお土産屋さんにもシャムロックの種が売っています!!

IMG_20160611_184726.jpg

DSC_3898.jpg
去年の夏に自宅にて栽培してみました。種を撒く時期は、いつでも大丈夫だそうです!



そして、そのパトリックの命日の3月17日には、シャムロックを身に着けたり、ミサに行ったりするようになりました。
アイルランドでは、何世紀もこの日をお祝いする伝統が続いていましたが、1903年に正式な祝日となりました。

現在で見られるような大規模なパレードで、パトリックスデーをお祝いする形式は、実はアイルランドではなく、アイルランド系移民の多いアメリカ合衆国から始まったそうです。1762年の3月17日にイギリス軍の兵役に参加していたアイリッシュの兵隊がニューヨークの街を行進したのが始まりだそうです。


日本でも各地でパレードが行われています。
是非、皆様も緑色のグッズを身に着けてパレードに参加しましょう!!


第3回は、「聖パトリック・フェスティバル直前情報」です。

ジャパン・アイルランド・トラベル

アイルランドの首都・ダブリンに本社を置く旅行会社です。アイルランドから観光情報を発信中!