アイルランドのパブから 第2回 ケリーズ・セラーズ

お酒とパブ
02 /12 2018

27331715_1526494980799786_7915740679216409131_n.jpg


カウンターの私の隣でギネスビールを飲んでいる紳士がいました。年齢でいうと65~70歳くらいでしょうか。どうやら観光の方ではなさそう。
パブの雰囲気とギネスビールとその紳士があまりにもマッチしていて渋かったので、気になっていると、そこへ観光客と思われるお客さんがやってきました。
彼らは、夕飯を取りたかったようですが、生憎ここのパブで食べ物は提供していない。
店員さんが何やらそれを説明しながら、代わりに10分くらい歩いたところにあるパブ・レストラン The Morning Starを紹介し、道順を説明していた。
すぐ近くでそれを聞いていたその紳士は、その会話に交じりながらそのレストランのことなども話しており、何やら飲みかけのギネスビールを残したまま、彼らと外へ。

しばらくすると戻ってきて、またギネスビールを飲み始めました。

やはり気になったので、声をかけてみると、近いとはいえ、道順が分かりづらいのでThe Morning Starまで連れて行ったそう。
確かに、前日にそのレストランに私も行ってきたが、ほぼ偶然的に発見した感じの場所。

そのさりげない親切さに話を聞きながら嬉しくなるとともに、このパブはお気に入りののパブですか?と“ある答え”をひそかに期待しながら尋ねてみた。

その紳士は、「お気に入りのパブの一つだよ」と笑って“待っていた答え”を返してくれました。
アイルランドの方は、自分の行きつけ、お気に入りのパブをいくつか持っていると聞いたことがある。
どこで、どれぐらいの頻度でというのはもちろん聞かなかったが、その紳士もいくつか持っている。

その返事を聞くことができて嬉しかったとともに、自分も行きつけの、お気に入りのパブを見つけたいなと強く思いました。

27331680_1526499690799315_5283428609908210200_n.jpg

ここケリーズ・セラーズは北アイルランドの首都ベルファストにある1720年創業の老舗のパブでユナイテッド・アイリッシュメンのメンバーもここで飲んでいた歴史のあるパブ。
佇まいや雰囲気も良かったのですが、良いパブはそこに来るお客さんたちが作っていくんだろうなとふと感じました。

26992765_1526499477466003_3552325069494026456_n.jpg


26992289_1526499560799328_1588105356218828789_n.jpg


26994155_1526499644132653_1530751151056485854_n.jpg


27072842_1526495057466445_3373833911098419060_n.jpg


27336337_1526499597465991_1574872593680432137_n.jpg


アイルランド情報を弊社Facebook Instagram Twitterでもお知らせしておりますので、是非是非のぞいてみてください!

*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*
ランキングに参加してみました。
皆様のクリック、励みになります。よろしくお願いいたします
にほんブログ村 旅行ブログ アイルランド旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外生活情報へ
にほんブログ村





スポンサーサイト

アイルランドのパブから 第1回

お酒とパブ
01 /16 2018
あるアイリッシュのガイドさんが言っていました。
「アイルランドの街や村で大切なものは何かわかりますか?」

教会?

答えはパブ!!

西海岸のある村では村内に教会が1つ、パブが5軒。ある街では教会が2つにパブが24軒。
なるほどと感心してしまうのも無理はありません。

そんな各村や街に数多くあるパブ。ただ一口にパブと言ってもいろんなパブがあります。音楽が聴けるパブ、伝統的な雰囲気のパブ、料理のおいしいパブ、ギネスビールの美味しいパブ、ウィスキーの品揃えが充実しているパブなどなど。
じゃーどこのパブがいいの?というお声に応えた新しい企画。「アイルランドのパブから」
お勧めのアイルランドのパブを紹介していきます!!

第1回は Taaffes Bar Galwayターフェス・バー(ゴールウェイ)です。

25395718_1488385957944022_7616880417075855424_n.jpg


音楽の盛んなアイルランドの中でも、人気な街がここゴールウェイです。多くのストリート・ミュージシャンが演奏を楽しむ市内メイン通り、Shop streetにあり、伝統的な楽器を使ってのセッションライブなどが行われるパブです。
人通りの多い通りにあるので、見つけやすいし、お店の雰囲気も伝統的な古き良きが残っています。

25398959_1488386021277349_8217493731127859843_n.jpg


1軒では物足りない方は、セッションを終えた演奏家たちに、次はどこでやるか尋ねてみてください。
彼らはパブをはしごしながら演奏していたり、後日、別のパブでも演奏をしたりします。もっと穴場のパブがみつかるかもしれません!

25550432_1488385991277352_2287103727166960900_n.jpg

25508046_1488386087944009_2959506521646233247_n.jpg



ダブリンでのパブツアーはこちらからどうぞ。



アイルランド情報を弊社Facebook Instagram Twitterでもお知らせしておりますので、是非是非のぞいてみてください!

*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*
ランキングに参加してみました。
皆様のクリック、励みになります。よろしくお願いいたします
にほんブログ村 旅行ブログ アイルランド旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外生活情報へ
にほんブログ村





第2回 リール編

お酒とパブ
12 /12 2017
ギネスビールをこよなく愛する特派員Mが、世界のアイリッシュパブを巡ってギネスビールを試し飲みするというこのシリーズ第2弾。

今回はフランス、リールという街からです。
フランスの北西部に位置し、ベルギーのブリュッセルからも車で1時間半くらい。パリからも車で同じく1時間半くらい。お隣の国ベルギーからの影響も強く受けてきたこの街は、食事などもベルギーの伝統的なスタイルが残っていました。

リール市内で発見した1件目は「L'Irlandais」http://www.irlandais.net/
市内からは少し離れていましたが、大通りにはレストランなども多く賑わった通りにありました。
23473133_1454183788030906_2549600213279848583_n.jpg

23559695_1454183838030901_4539441200825288721_n.jpg
味もそうなのですが、注ぎ方なども気になってしまいます・・・

23559571_1454183918030893_100727595768125817_n.jpg
店名と街の名前とギネスビールのロゴ:トゥーカンが描かれた椅子

面白かったのは、2件目に訪れたパブでギネスビールを注文したところ、うちにギネスビールは置いていないとの返答。ここはスコティッシュ・パブだからね、と。
続けてその店員さんは、辺りを見渡した後に、うまいギネスが飲みたっからここへ行きなって、こっそりと違うパブを教えてくれました。ちなみにその方はアイリッシュ(笑)

ということで、早速そのおススメのパブへ

Tir Na Nog http://www.tirnanog.fr/
1件目のパブの通りを歩くこと15分くらい、比較的近くにありました。これならパブ・クロール(はしご酒)できますね。

23621222_1454184571364161_7183135187393648732_n.jpg

23472067_1454184664697485_4058355223703840350_n.jpg


その日は、ワールドカップ最終予選プレーオフの第1戦がデンマークで開催される前日。どうしてもその試合が見たい私は、各パブでも放送予定を確認していたのです。しかし、問題は同日同時刻にフランス代表のラグビーの試合があること。いくらアイリッシュパブでもフランスで人気の高いラグビーの試合を放送しないわけにはいかない。
店長さんらしき人(アイリッシュ)に、約束はできないけど様子を見て放送するかもとの話をしてその日は帰路につきました。

そして、当日に再度パブを訪れてみると、お店に数台あるスクリーンの一つでサッカー中継をみることができ、数人の現地アイリッシュ・サポーターと観戦することができました。(お店の中自体はたくさんの方で賑わっていたのは、言うまでもありませんが)

ギネスビールを楽しむこともそうですが、現地にいらっしゃるアイリッシュと会ってアイルランドの事が話せるのも何だか楽しみの一つになりました。

23472828_1454188744697077_7831907303532726362_n.jpg
ブリュッセル空港で見つけたベルギーのために作られたギネスビール。アルコール度数は8%

ギネス大好きMでした。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*
ランキングに参加してみました。
皆様のクリック、励みになります。よろしくお願いいたします
にほんブログ村 旅行ブログ アイルランド旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外生活情報へ
にほんブログ村


サイダー紹介~ブルマーズ~

お酒とパブ
11 /06 2017
アイルランドでは、ビールやウィスキーが人気がありますが、もう一つ忘れてはいけないのが、アップルサイダーです。これはジュースではなく、れっきとしたアルコールですのでご注意ください。

そして今回、紹介するのはBulmers(ブルマーズ)
アイリッシュ達にも大人気で、とくに若者や女性が多くパブで飲んでいるのを見かけます。
DSC_6889.jpg



他のビールなどと同様に1Pint(パイント)でもハーフパイントでも注文できますので、是非お試し下さい。
ほんのり甘くて飲みやすいですが、アルコール度数は4.5%とやや高め。
アイリッシュの若者たちは、瓶で注文し、氷をたくさんいれたパイントグラスに注いで冷やして飲むのも好んでいるようです(特に夏ですが)

私は、アイルランドに来た一年目、パブではギネスビールを毎回頼んでいましたが、2か月を過ぎた頃、ふと違うものも試してみようという気持ちになりました。そこで、自分の前の方が注文していたものを真似して注文してみました。飲んでみたところ・・・あれ?ジュース?お酒飲みたかったのに失敗した~というのが初めてのブルマーズでした。もちろんアルコールなのですが、それくらい飲みやすくて、炭酸も効いていて美味しかった。
次の日に友達にそのことを話すまで、気づきませんでした。


写真は、先日のパブツアーにて
ちょうどハロウィーンの日に開催したので私も少し仮装して参加しました。もちろん街にはもっと本格的に仮装した人たちも溢れていて、いつも以上に陽気なダブリン市内でした。
いつもこれでパブツアーしているわけではありませんので(笑)

関連ツアー:アイリッシュ・パブツアー

スロンチャ!!(ゲーリック語で乾杯の意味)

*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*
ランキングに参加してみました。
皆様のクリック、励みになります。よろしくお願いいたします
にほんブログ村 旅行ブログ アイルランド旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外生活情報へ
にほんブログ村

ビール紹介~Hop House13~

お酒とパブ
10 /23 2017
アイルランドのビールと言えば・・・やぱりギネスビールが頭に思い浮かびますが、今回は一つラガービールのご紹介。
日本ではとても馴染みのあるラガービール、ここアイルランドでもハイネケンやバドワイザーなど人気があります。
でも、アイルランドにラガー・・って??
皆さん、ご心配は入りません。
しっかりとアイルランドにもラガービールはあります。

それが「Hop House 13」(ホップ・ハウス・13)です。

DSC_6857.jpg
アイリッシュパブツアー オニールズ・パブより



2015年にギネスビールを現在作っているディアジオ社が、販売を開始した新しいビールです。今では街中のパブでも浸透していますし、瓶でスーパーなどでも購入可能です。
パブで見つけるのはとても簡単で、「13」という大きな数字がビールのサーバーに表示されています。

気になるお味ですが、のど越しにキレがあり、とてもフルーティーな後味がやってくる美味しいビール。
女性にも人気のお勧めビールとなっていますので、是非アイルランドにお越しの際は、お試しください。

関連ツアー:ギネスストアハウスと有名パブツアー

*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*
ランキングに参加してみました。
皆様のクリック、励みになります。よろしくお願いいたします
にほんブログ村 旅行ブログ アイルランド旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外生活情報へ
にほんブログ村

ジャパン・アイルランド・トラベル

アイルランドの首都・ダブリンに本社を置く旅行会社です。アイルランドから観光情報を発信中!