fc2ブログ

アイリッシュ通信☘

〜ダブリン在住スタッフよりお届けする、アイルランド旅行&生活情報〜
アイルランドのゴルフ おまけ 2021.08.27
アイルランドのゴルフ その③ 2021.08.26
アイルランドのゴルフ その② 2021.08.26
アイルランドのゴルフ 2021.08.26
ダブリンから日帰りで行ける場所⓺: Tayto Park 2021.08.03

タイタニック最後の寄港地、コーブ

こんにちは、ジャパン・アイルランド・トラベルの石本です。
cobh town

若い年代の人にはいまいちピンとこないかもしれませんが、1997年なのでもう20年も前の映画なんですね(怖っ‼)、レオナルド・ディカプリオとケイト・ウィンスレットが主演した映画、「タイタニック」で泣いた一人です。

映画は若い二人の身分違いの悲恋と、タイタニック号の悲劇を扱ったものでしたが、そのタイタニック号が1912年4月10日にイギリスのサウスハンプトンを出港したのち、大西洋に出る前に最後に寄港したのが今日ご紹介するコーヴ(当時はクイーンズタウンと呼ばれていました)です。

タイタニック博物館としてベルファストにあるものも有名ですが(こちらはまたの機会のご紹介します!)、このコーヴ(Co. Cobh)の町にも「タイタニック・エクスペリエンス」として訪れるべきアトラクションがあります。


titanic cobh

乗船券を手に入れ、出港します!

cobh.jpg


中はガイドツアーで回るもので、この建物が実際に当時の乗船受付場所として使われていたと教えてもらったり、一等船室の乗客はこちらから、三等船室の乗客は違う入口を使っていたなどと聞いて、当時の階級制度をぼんやり想像してみたり。

titanic experience cobh

ここから眺められる桟橋が当時からのものだと聞いて、思わずディカプリオ様を探してみたり(笑)

皆様もご存じの通り、タイタニック号はこのコーヴを出港したのち、4月15日に悲劇に見舞われるのですが、その最後の寄港地がここ、コーヴだと思うとそしてそれがまだたった100年ちょっと前の話だと思うと、なんとも考えるものがあります。
そして、最初にもらえる乗船券、実は名前が書いてありましてこのガイドツアーの最後に生還したか、残念ながら亡くなった乗客の方だったかが分かるように乗船名簿のようなものもあります。
実際に生きていた方たちと思うと、とても重みがありますね。

ちなみに、日本人もこのタイタニック号に乗船していたことはあまり知られていない事実で、細野正文さんとおっしゃる、音楽家、細野晴臣さんの祖父にあたる方だったとか。彼は無事生還されたのですが、「日本男児として生きて帰ってくるなど恥ずかしい」とかなり後世屈辱的な人生を送られたとか。

細野晴臣さんのおじい様とかいうエピソードを聞くと、ますますまだまだ「昔」の話でもないんだな~と思ってしまいます。
皆様も機会がありましたら、是非、このコーヴに足を運んでみてください。

残念ながら弊社でツアーのお取り扱いはございませんが、プライベートツアーとしてご案内は可能です。何名かが集まれば料金的にお得にもなりますので、ご興味のある方は是非、お問合せください。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*
ランキングに参加してみました。
皆様のクリック、励みになります。よろしくお願いいたします
にほんブログ村 旅行ブログ アイルランド旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外生活情報へ
にほんブログ村




ハイキングツアー その3

ハイキングツアー3日目は帯同最終日です。
前日に結構たくさん歩いたので、皆様お疲れではないかなと心配していましたが、一晩寝れば大丈夫とのこと。”さすが!!”

今日は、ディングルの街を出発しゴールウェイを目指します。
まず、向かったのはTerbert Ferry港!ここからシャノン川を渡ってクレア県に入ります。バス移動やハイキング、フェリー移動も入ったツアーで皆様も次はどこに?どうやって?と楽しみな毎日。

19959169_1336272469822039_1837410802470453846_n.jpg

19959285_1336272646488688_5922695985878824272_n.jpg
バス事、乗船です。

19990241_1336272669822019_4491988059814570338_n.jpg
対岸のKillimerに到着後、少し早めのランチ。

19961606_1336280549821231_268000342889856208_n.jpg
本日のハイキングはモハーの断崖から。(オブライアン塔から断崖を望む)

バレン高原でもハイキング
石灰岩の石の間にもたくさんの花たちが咲いており、生命の強さを感じました。
19989268_1336281353154484_7182453726811418766_n.jpg
長之助草

19959233_1336281873154432_4119570218668738818_n.jpg
長之助草の綿毛
写真中央で渦を巻いているものが、開いて(写真上の方)飛んでいきます

19905339_1336280889821197_5502481278012314067_n.jpg
あざみ

19875221_1336282009821085_5997824974218528115_n.jpg
かのこ草

キラーニーやディングル半島とはまた違った山々の景気を楽しみながら、実際に歩きながらどんな植物たちがそこにいるのかを感じ。みんなで共有しながらのハイキング。
3日間だけでしたが、お客様をはじめ、添乗員のAriyoさん(ウィリアムさんがずっとこう呼んでいた)、運転手のウィリアムさんたちと過ごすことができて本当に楽しかったです。素敵な時間でした。
ゴールウェイの宿まで案内させていただき、私は離脱しましたが、別れ際は何ともセンチメンタルな・・・・
そのあとも皆様の旅はコネマラやアラン島へと続いて行きました。

アイルランドもしくは日本でお会いできることを楽しみにしております。
また、ご一緒にハイキングできたらいいな~と思いながらダブリンへのバスに乗り込みました。

ジャパン・アイルランド・トラベル
TOMO



*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*
ランキングに参加してみました。
皆様のクリック、励みになります。よろしくお願いいたします
にほんブログ村 旅行ブログ アイルランド旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外生活情報へ
にほんブログ村









ハイキングツアー その2

ハイキングツアーのレポート その2
今回は私が帯同させていただいた2日目を写真を中心にお届けします。

キラーニーの街を出発して向かったのは、ディングル半島。天候は生憎の曇り空ですが、今日はどのあたりをハイキングしようか?海岸線の景色を楽しみながらのバス移動。
今日も運転者さんのウィリアムさんが「おはよう」と迎えてくれました。

19990147_1336267729822513_6626319279147122372_n.jpg
インチ・ビーチ

19884217_1336267883155831_8349876867573381261_n_201707112236593ce.jpg
途中、トイレ休憩でディングルの街を訪れ、街中をお散歩。素敵なパブがあったり、ウィンドーショッピングをしたり(日曜の午前中だったため、まだお店が開いてなかった・・・)
それでも、Murphy’sのアイスクリームを食べたり、カラフルな街並みを堪能。

19884110_1336267933155826_8608278459404520040_n.jpg
ビーハイブ・ハット

19990024_1336270106488942_432402011957350888_n.jpg
本日1本目のハイキングコース スレーヘッド・ビーチからスタート

19884398_1336268056489147_2275349492004945095_n.jpg
ディングル半島といえば、映画「ライアンの娘」


19029507_1336271889822097_5696761621248015214_n.jpg
ランチ休憩の後は、2本目のハイキング
キルマルケダ教会からガララス礼拝堂までの修行道をみんなで(写真はガララス城)

本日は小雨のパラパラ。風もあり、小高い丘にも登ったので体力を奪われました。
それでも皆様、笑顔が絶えずに元気いっぱいにお話したり、植物や動物たちを楽しんで、お土産ものなども見ていただきあっという間の一日でした。チームワークの良さを感じた一日にまたまたなりました。

ジャパン・アイルランド・トラベル
TOMOでした。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*
ランキングに参加してみました。
皆様のクリック、励みになります。よろしくお願いいたします
にほんブログ村 旅行ブログ アイルランド旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外生活情報へ
にほんブログ村










ハイキングツアー その1

ツアーレポートが届いています!!

今回は、アイルランド西海岸を中心としたアイルランドの文化、花に触れるツアーに帯同致しました。
キラーニーからの合流になりましたが、皆様ハイキングが好きなご一行様で歩きたくてウズウズしてらっしゃるとのこと。
朝一番に体力に自信はありますか?との質問に驚いてしまいました(笑)
ツアー中にいただいた質問の中でもベスト5に入るビックリ・クエスチョンで一日目がスタートです。

まず、向かったのレディースビュー。
天気も午後から少し怪しかったので、朝の晴れ間のうちに絶景を。

そして、ここには楽しみにしている“あれ”がもしかしたら・・・


向かう途中のバスの中では早速、アイルランドの妖精の話をさせていただきました。
到着すると去年12月には工事していたカフェは完成していましたが、例の標識はなし・・・がっかりと思いきや、カフェの外に立てかけてあり、レディース・ビューの絶景に見とれている間には、何者かによって(もしくは妖精自ら??)設置されていました。

DSC_6090.jpg

標識自体は、赤ひげのおじさんではないのですが、今回のバスの運転手さんは赤ひげのお兄さん、ウィリアムさん。一緒に写真をと皆様パチパチしておりました。

キラーニー国立公園内では、マクロス・ハウスを見学後、いよいよハイキングのスタートです。
雨も予想されたのですが、装備を整えれば大丈夫ということで、一度バスに戻って準備を。
この時からさっきまでの観光の表情とはうってかわり笑顔の中にも真剣さとキラキラした瞳に表情の変わる皆様。さすがの一言。
本日1本目のハイキングは、マクロス湖周辺をリーン湖側を歩きながらディニス・コテージを目指す約5kmの道のり。約1時間コースですが、お花や湖を散策しながら休憩も取りながらのハイキングとなりました。
DSC_6097.jpg
随所に見ることのできたジギタリス

DSC_6100.jpg

途中のBricin Bridgeからの眺め(リーン湖の方角)

お花や景色を楽しみながらも、鳥なども見つける皆様の視野の広さに驚きながら約1時間半で、コテージに到着。
とにかくこのグループ様チームワークが素晴らしく、ランチのテーブル移動やお皿の受け渡しなどなど随所に見て取れました。素晴らしい!!
DSC_6105.jpg
ディニス・コテージからマクロス湖をボートで渡ることもできる



ランチでエネルギーを回復した後は、再びウィリアムさんの運転にてダンロー渓谷へ。
ブラック湖をケイト・カーニーズ・コテージから目指す片道2km(約30分)のコース。
一つ提案で、馬車(ジャンティング・カー)を利用して片道だけ乗車しようということに。
ところどころ坂道を頑張って進んでくれるお馬さん(ナンシー)をみんなで励ましながらの貴重な体験に皆様喜んでおられました。
帰りは、目まぐるしく天気が変わる中、お花を散策しながらコテージ近くの駐車場へ。
温かい笑顔で出迎えてくれるウィリアムさんに皆様「ただいま」
ウィリアムさんは「おかえり」と返してくれます。バスの乗り降りの際には終始このやりとりが繰り返され、心の和むひと時でもありました。

宿に向かう途中には、虹が何度も現れて、またまた皆様を笑顔に。
体力に自信は??の質問が飛び出した朝はどうなることかと思いましたが、楽しく皆様とハイキングをして1日目が終了しました。


旅の目的 ~続き

前回の続き・・・


さてさて、これは本当に困ったぞ!
ここは一先ず、置いといて(笑)
一度ここを離れて視点を変えてみようということになりました。探しものとか落し物とか見つけるときも、数日後に出てきたとか、第三者が見つけるもの。

もしかしたら、今日はその日ではないのかな?別の日に出直して来いってことなのかな?とも少し考えながら、周辺のマックロス・ハウス Muckross Houseやロス城 Ross castle を散策。キラーニー市内のインフォメーション・センターで聞いてみることにしました。
途中、立ち寄ったガソリンスタンドでも聞いて見ましたが、有力情報は得られず・・・。
さらに、頼みの綱のインフォメーションセンターはやっておらず(まぁ年末だったので、仕方ない)

一から集めた情報を洗い直す事にしました。この時既に14:00
やはり情報として一番多かったのは、レディース・ビュー・・・・ん?待てよ。そう言えばそのビューの反対側はカフェか何かの工事中だったぞ。そこが怪しい。
どこから来るかわからない自信を胸に、周遊路を引き返さずに1周しながら向かいました。
今日これまでの苦労は何のその、全てを忘れさせてくれるワイルド・アトランティックウェイの豪快な景色に没頭しながらのドライブ。

とっくに陽の暮れた山道を走ること19:00
本日、何度目かのレディース・ビューへ戻ってきました。車を降りると、何も見えない暗闇から羊の声でびっくり。
そして、誰もいない工事中のカフェに行ってみると。
ありました!!といっても、“その標識があったであろう場所”をついに発見しました。
場所を突き止めた嬉しさと、結局は本物が見れなかった寂しさと、そして疲労度と何とも言えない気持ちになりましたが、ただそれも一瞬のこと。

夜空を見上げると、そこには満天の星空が広がっていました。
久しぶりに見上げる夜空。こんなにも近くて、こんなにも星たちって凝縮されているんだっけ。
あまり星座に詳しくないので、オリオン座くらいしかわかりませんが、そこにある無数の星たちは、手を伸ばせば届きそうなくらいの距離で、ちょっと指先で触れたら揺れて全部落ちてきそうなくらい身近に感じました。
そう、ここケリー周遊路があるアイヴェラ半島は夜空の保護活動を評価する『国際ダークスカイ協会』の認定する金賞を受けた3つの星空のうちの1つなのです。

もしかしたら、レプリコーンは、その標識よりもこの星空を自分に見せたかったのかもしれません。

ありがとう。

15822708_1144988342283787_3019451814726376978_n.jpg

15726743_1144988368950451_8647704526960080276_n.jpg
ちなみに、標識があったであろう場所。2016年12月末現在はこんな感じ。
通行の際は、レプリコーンの横断にご注意下さい!!


後日、一人のアイリッシュの友達にそのことを話してみました。
そのケリーにある標識のことは知ってはいたものの、実際に見たことはなかったとの返事。
他にある場所知ってる?と尋ねると、「あなたがレプリコーンを信じている限り、その標識もどこにでもあるよ!」
とのこと・・・・

ケリー周遊路の標識の復活を待つと共に、他の場所の捜索も続けて行こうと思います。
捜査状況は、当ブログにて報告していきます。