シュガーローフ

レンスター州
01 /29 2018
高ければ高い“山”の方が 登ったとき気持ちいいもんな♪
もっと大きなはずの 自分を探す 終わりなき旅♪

と〇〇.Childrenが歌っているように・・・? ん?ちょっと違うか?

今回挑戦したのは、ウィックロー県にあるSugar Loaf シュガー・ローフです。
26993357_1519485461500738_2783813449114080023_n.jpg

と言っても標高501m、所要時間は約30分くらいの山です。
ウィークロー山脈ドライブなどに行くとひと際目に付く山なので、いつかは行ってみたいと思っていたのですが、空前のハイキングブーム(自分の中です)の到来によって我慢できずに行ってきました。
リュックサックに、少し食糧と水分と・・・とそれらしい格好でいざ出発しましたが、そこで出会った方たちは、何も持たずに、ちょっと散歩感覚で登っていました。1歳くらいの女の子を抱っこしながら山に向かうお父さんもいたりして、地元の方にとっては手軽な山みたいです。
頂にでるところは、岩場で急だったので、行かれる方はご注意を。

26904136_1519488318167119_1043503746851891216_n.jpg

26805346_1519485648167386_3262188999582386905_n.jpg
前の週に降った雪や雨の影響で、氷がはっている箇所が多かった。

途中、標識を勘違いして間違ったルートを進んだため約50分かかり道なき道を歩きもしましたが、間違わなければ30分くらいです。

見事に区画された牧草地やダブリン方面の街、アイリッシュ海など最高の景色が観れました。
立っているのがやっとくらいの強風が写真だと伝わらないのが悔しいですが、強かった。

26994363_1519488781500406_8039866268569693833_n.jpg
途中、道を間違えて、道なき道へ・・・・

26219563_1519490884833529_5233599244131551663_n.jpg

26734019_1519490701500214_7557070206875653604_n.jpg

26814498_1519487808167170_2727203076134328273_n.jpg
シュガーローフ自体の影

26992183_1519486558167295_8797704145182241383_n.jpg
ダブリン、ホウスの方角です。


いつかアイルランド最高峰のキャラントゥーヒル登頂を目指して頑張ります!!

関連ツアーはウィックロー アイルランドの庭ツアーもしくはアイルランドの庭 半日ツアー(登山はしませんが、ウィックロー山脈ドライブします)

アイルランド情報を弊社Facebook Instagram Twitterでもお知らせしておりますので、是非是非のぞいてみてください!

*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*
ランキングに参加してみました。
皆様のクリック、励みになります。よろしくお願いいたします
にほんブログ村 旅行ブログ アイルランド旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外生活情報へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

アダムとイブ

レンスター州
01 /22 2018
モナスターボイス 修道院跡にあるアイルランドで一番美しいと言われているハイクロス。

940975_870727016376589_540622451589616940_n.jpg


10世紀に建てられたこのハイクロスを使い、当時読み書きができない人たちにキリスト教を広める際、その彫刻を通して分かりやすく説いていきました。

そこに刻まれているアダムとイブ。
パネル左の2人がアダムとイブです。イブが禁断の果実をアダムに差し出しているところ。そして、二人の間にはイブをそそのかしている蛇が見事に表されています。

1507068_870726986376592_4075802138494135750_n.jpg

そして、その二人をもう少しよく観察してみると。
この二人すでに禁断の果実を食べてしまったことが彫刻を通してわかります。
果実を食べたことで、お互いが裸であることに気づき、恥ずかしいという気持ちが芽生えてしまいます。二人が手を使って下半身を隠している姿が描かれているのです。


25299490_1483121861803765_2130212363714799446_n.jpg


10世紀に作られたハイクロス・・・。
細かいところまで見事な彫刻が施され、一つ一つが意味をなしている。
現在も保存状態が良く、その素晴らしさを見ることができますが、雨や風にうたれている状態です。
あと何年、何十年かしたらその彫刻も少しづつ分かりづらくなってしまうかもしれません。


モナスターボイスを観光する弊社関連ツアー:世界遺産ニューグレンジ&タラの丘ツアー

アイルランド情報を弊社Facebook Instagram Twitterでもお知らせしておりますので、是非是非のぞいてみてください!


*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*
ランキングに参加してみました。
皆様のクリック、励みになります。よろしくお願いいたします
にほんブログ村 旅行ブログ アイルランド旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外生活情報へ
にほんブログ村

キルベッガン蒸留所

レンスター州
11 /20 2017
ゲーリック語でUisce Beatha(イシュケ・ヴァハ)は「生命の水」という意味。
6世紀に修道院で薬として製造され飲まれていました。イシュケ(水)が上手く発音されずに、ウィスキーの語源となっていきました。
19世紀には、ダブリンのみで37の蒸留所があるほど、ウィスキーのメッカでした。

ここウエストミース県に位置し、村を流れるブルゾナ川を利用したキルベッガンは、1757年に認可を受けたアイルランド最古のウィスキー蒸留所です。

23722440_1457540574361894_6262648929833047992_n.jpg


23754806_1457540637695221_7772580530354808049_n.jpg
旧・新蒸留所の見学ツアーに参加します。

23559813_1457541631028455_7229969327001473171_n.jpg
ガイドさんがキルベッガンの歴史やウィスキーの製造過程を丁寧に教えてくれます。昔使われていた蒸留器

23561570_1457540994361852_8979865633752980599_n.jpg
ブルゾナ川の流れを利用した水車。今は稼働していません。

23622470_1457541747695110_6084965645255449881_n.jpg
製粉された麦芽はお湯と一緒に混ぜられ、麦芽汁へと変わっていきます。

23561368_1457543211028297_7613495183296767745_n.jpg


23658521_1457543397694945_2271017325483331251_n.jpg
ツアーの最後には、お待ちかねの試飲コーナー。スペースも古きおしゃれに。

23659457_1457540774361874_5527533412601395163_n.jpg
キルベッガンの他にも、コネマラやタイコネルを販売


現在は一部、新しい蒸留所が工事中になっていますが、旧蒸留所ともツアーにて見学可能になっています。
歴史ある建物と、そこで作られ続けてきたウィスキー・・・まさに時間を楽しむ飲み物ウィスキーにふさわしい場所。
是非お勧めです!!

お問い合わせはこちらまで。


*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*
ランキングに参加してみました。
皆様のクリック、励みになります。よろしくお願いいたします
にほんブログ村 旅行ブログ アイルランド旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外生活情報へ
にほんブログ村







ダロウのハイクロス

レンスター州
11 /11 2017
M6をキルベッガンで下り、タラモアに向かう途中のダロウという村は、7世紀に書かれた「ダロウの書」でも有名な場所です。
ケルズの書とも深い深い関わりのある聖コロンバがここに修道院を建てたのが556年。

その後、10世紀に作られた見事なハイクロスは現在、教会内に保存されています。

23319368_1447041135411838_8300299892143853044_n.jpg
教会内に移転されても存在感あるハイクロス

23434696_1447041625411789_2812611522725700824_n.jpg
教会の外観。主要道路からは離れたひっそりとした場所

23244109_1447037528745532_4704983939932630282_n.jpg
教会入り口からの一枚

23319292_1447041732078445_4152171084428582724_n.jpg
イエス・キリストが磔に処されている彫刻

23172791_1447038465412105_4570981737185003450_n.jpg

23172411_1447041695411782_2438246918816787149_n.jpg
教会内には十字の刻まれた石板も保管されています



23319407_1447041515411800_1589456778757508746_n.jpg
以前の教会敷地内にあった時の写真

23244389_1447041982078420_7219636133650567686_n.jpg
近くには井戸も(St.Colmcille’s Well)

23376544_1447042078745077_2096222615442250208_n.jpg
ひっそりとした教会のすぐ隣には牛たちが放牧

ハイクロスと教会と静寂。
アイルランドの歴史を感じる場所。
圧倒されて、感動して・・・

*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*
ランキングに参加してみました。
皆様のクリック、励みになります。よろしくお願いいたします
にほんブログ村 旅行ブログ アイルランド旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外生活情報へ
にほんブログ村







森のレストラン便り

レンスター州
10 /02 2017
22089849_1414964078619544_1502238860128374379_n.jpg

ダブリンから車で約1時間のところにある小さな村Kilmessan(キルメッサン)

そこには以前、ダブリン&ミース鉄道のキルメッサン駅だった駅舎を改装した緑豊かな木々に囲まれた素敵なレストランがあります。
22154455_1414964285286190_6079233674134164533_n.jpg


歴史を紐解いてみると、1862年オープンのこの駅は、ダブリン方面からNvan(ナヴァン)方面への路線とそこからTrim(トリム)方面へと分かれるジャンクション駅でもあり、ボイン川への釣り人やタラの丘への観光客も目立つ重要な駅でした。

しかし、時代の流れと共にバスや車の需要が大きくなり、1947年12月、最後の乗客を乗せた列車が発車されその歴史に幕が下ろされました。1963年までは駅は運送用の列車のみが走っていましたが、それも終了となり廃線に。

1981年、現在のオーナーでもあるクリスとテルマが、古い駅舎をホテル兼レストランに改装し1983年にホテルとしてオープン、部屋数は20部屋、ラウンジエリアやレストラン、会議やパーティーにも使用する会場も完備。週末にはよく庭先で結婚式も行われる人気のホテルです。
22089811_1414964425286176_6531274795166328247_n.jpg

20728052_1362891470493472_2997362067560884758_n.jpg

弊社ツアーでは、世界遺産ニューグレンジ&タラの丘ツアーでのランチに立ち寄っております。(※イベントなどで貸し切りの場合、別のレストランになる場合も)
もちろんパブも併設されていますので、ランチと合わせてお楽しみも!
ランチメニュー、デザートもさることながら、笑顔で迎えてくれるスタッフのみなさん。アイルランドの素晴らしさを感じることができる素敵な森のレストランです。

21557835_1414964041952881_8937027885347025316_n.jpg
脂がのって美味しいサーモン

22196460_1414963538619598_1053046100449185525_n.jpg
ラム・シャンクもボリューム満点

22050009_1414961628619789_9143790598787279195_n.jpg
食後のデザート:シンフォニー

22140904_1414964155286203_6675334196134702459_n.jpg

ジャパン・アイルランド・トラベル
TOMOでした。
*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*
ランキングに参加してみました。
皆様のクリック、励みになります。よろしくお願いいたします
にほんブログ村 旅行ブログ アイルランド旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外生活情報へ
にほんブログ村


ジャパン・アイルランド・トラベル

アイルランドの首都・ダブリンに本社を置く旅行会社です。アイルランドから観光情報を発信中!